Mouse On The Keys - Sezession (10″ Vinyl Edition)

Country: Germany
Label: Denovali Records / Machu Picchu Industries
Released: 8 March 2010
Genre: Jazz / Contemporary

Out of Stock - Please send us an email if you want to re-order

Details:

* 2 x 10″ vinyl Edition

This comes with premium matte gatefold covers and includes a cd. black vinyl, limited to 200 pieces!!

Mouse on the Keys is a jazzy instrumental trio from Tokyo, Japan. They partly used to play in “Nine Days Wonder” (a leading band of the Japanese post-rock scene) some years ago: Akira Kawasaki (drum, keyboards) and Atsushi Kiyota (piano, keyboards), along with Daisuke Niitome (piano, keyboards), who has played drums and composed music for jazz-funk/hiphop bands. The unique sound of the band’s drums, two pianos and two keyboards combines the urgent ’90s American posthardcore with early/contemporary classical, jazz and various electronic music. At their concerts, the band projects a variety of images chosen to match their soundviews of Tokyo, geometric symbols, 3D objects, and abstractions. “The drums are fantastic, the piano smooth and the other instruments masterfully used to make this record bliss… check out this album.

Review:
Hey, who hasn’t looked at someone holding a guitar and not prolapsed into fits of giddy laughter? Happens to me outside Shinjuku Station almost every day. The guitar is the most preposterous instrument ever invented. Look at it! Whether playing standing up or sitting down, it just doesn’t look right. Of course, the guitar has long been normalised as a tool of youthful expression by sheer exposure, almost erasing its inherent absurdity. But here, on these humble pages, I confer special attention on bands that have gone post-guitar: like the modern Boredoms, these bands are obviously onto something.
One such outfit is Tokyo’s brilliant, still-mysterious nu-jazz duo Mouse On The Keys, who opt not to jerk an electrified phallus around in their audience’s faces but make music with a drumkit and a piano that still, in the conventional parlance of arena car parks the world over, rocks.
This mouse tale can be traced back to 2006 when drummer Akira Kawasaki, a founding member of Tokyo down-tempo outfit Nine Days Wonder, got together with pianist Atsushi Kiyoda to make minimal phase piano music with a galloping rock beat. Inspired by British post-minimalist composers Steve Martland and Graham Fitkin, Mouse On The Keys issued their debut mini-album Sezession late last year on Toe’s Machu Picchu Industrias label.
Sezession is four tracks of pure instrumental scintillation. Every Japanese who has heard this has only had two words to describe it: “Kakko ii!” (”Cool!”). Faced with the insurmountable difficulty of choosing just one track, I’ll ignore the obvious lead-off number and instead give you Toccatina: a rollicking tussle between jazzy and post-hardcore impulses with Hununhum’s saxophonist guesting to boot. – Japan Onchi

Tracklisting:
A1  最後の晩餐
A2  Toccatina
B1  RaumKrankheit
B2  A Sad Little Town

最後の晩餐 (Music Video)



Also by Mouse On The Keys

See also...


Curve - Cuckoo (180g 1LP Edition, Reissue)

* 180g 1LP Edition, Reissue
* Download Code Included
* includes brand new sleevenotes by Andrew Collins.
Description (English):
Described, variously, as “dusky and mysterious, cosmetic and up-for-it”, “Industrial techno disco,” and “like a Japanese express train”, Curve’s second album Cuckoo is more sophisticated, more seductive, less serrated, even squelchy in places than their debut, Doppelganger. A mature, [...]

D.A.N. - D.A.N. +2 (Japanese 2LP Limited Colored Edition)

* Japanese 2LP Edition
*2bonus Tracks
Descrition (Japanese):
ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求し、2015年夏にリリースしたデビュー作『EP』(3曲+remix1曲収録)がインディーズリスナーからクラブユーザーまで幅広い層を虜にし瞬く間に話題となり、次世代のシーンの中でも無二の存在として大きな期待を背負ったD.A.N.が、遂に1stアルバムをリリース。1st EPから「Ghana」がリアレンジ・ヴァージョンとして収録。そして2015年9月にデジタル・シングルとして発表した名曲「POOL」。また既にライブでも披露し好評の「Time Machine」「Native Dancer」などを含む全8曲を収めた現在のD.A.N.を全て出しきった傑作。今作ではライブのサポートメンバーである小林うてなが全曲での参加となり、これまで以上に彩りを加え更なる進化を遂げています。レコーディングエンジニアは『EP』に続いて、今回はサウンドプロデュースとしても参加となった葛西敏彦氏。ワールドスタンダードであり、2016年のマスターピースとなり得る決定的名盤が遂に解禁。
==================
インディR&Bのメロウネスとクラウトロックのミニマリズムが、深夜の東京の郊外、その街路でダビーに、ニヤリと秘密の契約を結んだ ──桜木大悟(Gt,Vo,Syn)によるメロウな ファルセット・ヴォーカルと叙情的なリリック、市川仁也(Ba)と川上輝(Dr)によるリ ズ ム隊のスロウ・ファンクとダウンテンポ / トリップホップを行き来する、腰の座った強靭なリズム。そして音響のただずまいは、ロックのクリシェから逃れるようにダブ / ポストロックの余韻にのり、クールに、夜の陰影を空気に描く。ディープ・リスナーとして のハイセンスすぎるインテリジェンスがキラリと光るそのオリジナリティ、弱冠23歳の3 人組の音楽との出会いは、自分にとって衝撃的ですらあった。The XXミーツRhyeとでもここは言ってしまおう、それほどまでに彼らはすべてキマっている。
エンジニア、葛西敏彦(トクマルシューゴ、蓮沼執太、森は生きているなどをてがける)による“間”と“余韻”を生かしたサウンド・メイキング による、カン後期の『フロウ・ モーション』を彷彿とさせるサイケデリックなクラウトロック「Ghana」収録の4曲入り 「EP」で昨夏デビューを飾った。その後、じわりじわりと話題を集め、終わり行く夏に浮遊する、配信限定のバラリック・チルアウト・アンセム「Pool」でさらにシーンの度 肝を抜いた。「Pool」では、ライヴやレコーディング、バンドにとってどちらにしてもも はやいなくてはならないアーティス ト、“第4のメンバー”(いや葛西を入れれば第5とも言えるだろう)と言ってもいい、小林うてなのスティール・パンがキラリと光る。こうした布陣はアルバムへと続いていく。
たった4曲のオリジナル・リリース(「EP」には自主制作で過去に発表された過去曲のすばらしいディープ・ハウス・リミックスを収録)で、 2015年を終えたのだが。〈WWW〉でのリリパをはじめ、そのライヴにはインディ・キッズたちが会場に押し寄せたのはもちろん のこと、ゆらゆら帝国やOGRE YOU ASSHOLEのプロデュースを務めてきた石原洋が自身のブログで、VIDEOTAPEMUSICとともに「この2組の若い才能が今年のすべてだったような気がする」(ブログより http://reststayrelationship.com/blog/)と公言するほど、そのサウンドはさまざまな音楽を聴きこんだ先達たちにまで広がっている。
そしてファースト・アルバムである。上述の既出2曲とともに、重厚なグルーヴを奏でる 「Zidane」、「Native Dancer」、サイケデリックに地上5cmをゆるやかに低空飛行する 「Curtain」、そして「Navy」、「Time Machine」といったインディR&B~バラリック・チル&メロウな楽曲は2016年の夏が楽しみになる。
まさに、待望のファーストという言葉がよく似合う、そんなアルバムだ。
Tracklisting:
SIDE 1
A1. Zidane
A2. Ghana
A3. Native Dancer
B1. Dive
B2. Time Machine
SIDE 2
C1. Navy
C2. Curtain
C3. Pool
D1. Native Dancer (Albino Sound remix)
D2. Dive (Albino Sound [...]

Coldcut On-U Sound - Outside The Echo Chamber (CD Edition)

* CD Edition
Description (English):
It’s tempting to ask why no one thought of it sooner. Coldcut (Matt Black and Jon More) and Adrian Sherwood – kingpin of the legendary On-U Sound label – are the perfect sonic match; two pioneers of British music united by a maverick spirit. These artists have a deep intertwined history- On-U [...]

eShop Cart

0 items in cart.