Tenjo Sajiki 天井桟敷 - 薔薇門 [BaraMon]

Country: Japan
Label: Tenjo Sajiki Records
Released: Apr 2004
Genre: Japanese-Underground

Out of Stock

Details:
1972年に故寺山修司氏(天井桟敷)と東郷健氏(雑民党)が共同で企画、音楽をJ・A・シーザー氏、クニ河内とハプニングスフォー、山谷初男氏らが務め、東郷健氏を初めとするオカマ達が総出演したゲイ・リヴォリューションのためのレコード「薔薇門」!J・A・シーザー自らボーカルを取った楽曲で聞ける彼の絶叫および、全編で繰り広げられるオカマさん達の珠玉の発狂エンターテイメントはもはや伝説。発売当初は一部のマニアおよび知人に行き渡ったのみで、世間にはほとんど流通しなかった幻の一枚(現在ではプレミア価格10万円以上!)。ゆらゆら帝国の坂本慎太郎氏を始め、D.M.B.Q、ロマンポルシェ。等、多くのアーティスト達がこの作品への賛辞を惜しまないサイケデリック史上に残る名盤。当時(72年)のゲイシーンを知る上でも歴史的、資料的価値を持つ貴重な1枚。
Tracklisting:
1. おかまの政治演説
2. 薔薇の刺青
3. 転落詩集
4. 告白録
5. 天国と地獄
6. 青少年のための男色入門
7. 白浪五人男
8. 男娼巡礼歌
9. 毛皮のマリー
10. 聖なるジャック
11. どろぼうたちのキリスト
12. きびくぶのぼごぼもぼんば
13. 健さん愛してる
14. 性解放宣言
15. 君は答えよ
Edited By, Producer – 天井桟敷*
Lyrics By – 鵜館正英* (tracks: 2, 3, 5, 12, 15) , 寺山修司* (tracks: 6, 8, 10, 13)
Music By – 加藤ヒロシ* , 田中未知* (tracks: 6, 8, 10)
Music By, Performer – J.A. シーザー*
Other [Director] – Eiko Kujo
Other [Liner Notes] – Yuji Yamada
Performer – ハプニングス・フォー* , ヘンドリックス* , 森岳史* , 佐々木友行*
Photography – Kishin Shinoyama

“This is a limited reissue of the ultra rare privately released Tenjo Sajiki record Baramon. This identical reissue dates from 2003 and was released in a tiny edition of 500 copies, which sold out in a matter of weeks. But about the music: ‘Some of the most exciting and evocative music of the early ’70s in Japan was born out of the avant-garde theatre groups that had played such a central role in the ’60s ferment. One of the most important was the Tenjo Sajiki Company formed by poet, film maker, boxing fan and all-around agent provocateur Terayama Shuji. Renowned for Living-Theatre inspired audience participation happenings and extreme street theatre designed to shock the bourgeois; by 1970 the group had already become a haven for runaway teens, and a focus for police investigation. Terayama was canny enough to realize that co-opting their music was an ideal way to hijack adolescent energies and he consistently used heavy amplified rock to jump-start his chaotic, socially critical acid operas. By 1972,Baramon saw J.A. Seazer and Kuni Kawauchi (of the Happenings Four and Kirikyogen) splitting the compositional scores on a bizarre musical manifesto for sexual liberation. So far so Hair, but rather than a tribute to free love, Terayama instead composed an eloquent plea for the liberation of the sexual underclass suffering discrimination, in the form of a ‘gay revolution.’ It wasn’t Terayama’s first engagement with the Tokyo queer scene — one of the earliest plays he wrote for the Tenjo Sajiki was a vehicle for transvestite actress and chanson singer Akihiro Miwa, who was rumored to have had a dalliance with Yukio Mishima. Baramon’s opening is a blast — a densely narrated and impassioned call to arms set to a Nazi military march that links sexual second class citizenship to imperialist social control and warmongering. Featuring the actual voices of numerous smutty, cross-dressing scene queens, the record’s content was deemed so subversive that it was only sold under the counter of Tokyo gay bars. Like a biker backstage at the Cage Aux Folles, fuzzed out guitar riffs and heavy swelling organ-based psych rock tracks rub shoulders with the lachrymose ballads and tawdry, mascara smudging chanson still favored in certain Shinjuku nighteries.’” - The Wire, Alan Cummings.

Tracklisting:
1. おかまの政治演説
2. 薔薇の刺青
3. 転落詩集
4. 告白録
5. 天国と地獄
6. 青少年のための男色入門
7. 白浪五人男
8. 男娼巡礼歌
9. 毛皮のマリー
10. 聖なるジャック
11. どろぼうたちのキリスト
12. きびくぶのぼごぼもぼんば
13. 健さん愛してる
14. 性解放宣言
15. 君は答えよ



Also by Tenjo Sajiki 天井桟敷

See also...


Masato Tomobe 友部正人 Ryuichi Sakamoto 坂本龍一 - 誰もぼくの絵を描けないだろう

1975年にソニーレコードから発売されたが、その後、「また見つけたよ」と同様に差別用語問題で、一度もオリジナルの形ではCD化されなかったので、このたびの完全復刻は大変うれしい。 このアルバムは友部がアメリカ放浪から帰ってきた直後に録音されており、自身の弾き語りが中心だが、当時大学生だった坂本龍一がピアノで3曲参加している。
Credits of this CD
Masato Tomobe 友部正人 – Lyrics By, Music By, Harmonica, Acoustic Guitar
Ryuichi Sakamoto 坂本龍一  – Piano [Acoustic]
Tracklisting:
1  誰もぼくの絵を描けないだろう – 4:45
2  長いうで  – 4:43
3  お日様がおっことしたものはコールタールの黒  – 4:39
4  バークレー散歩 – 3:04
5  おしゃべりなカラス – 6:12
6  金もないが悩みもない – 2:58
7  悦子 – 4:42
8  ひとり部屋に居て – 5:22
9  サキソフォン – 3:32
10  ぼくは海になんてなりたくない – 3:46
11  あいてるドアから失礼しますよ – 4:33

Masayuki Takayanagi 高柳昌行 - Lonely Woman Live

*Japanese Edition
Description (English):
Masayuki Takayanagi: guitar
Recorded live at Shinjuku Pit Inn, December 1, 1982
Produced by Jinya Disc
Mastered by ALM Records
Cover art by Yoko Hase
Photos by Tatsuo Minami
Artwork and design by Studio Zap Inc.
Includes liner notes in Japanese by Yoshiyuki Kitazato
Trackisting:
1. Lonely Woman (11:37)
2. Kary’s Trance (6:45)
3. For Guitar (12:21)
4. Song for Che (12:37)
5. Lennie’s Pennies (8:05)
6. [...]

Auschwitz - Complete Box (4CD+1DVD Boxset)

* The DVD disc is encoded for region 2 (Japan, Europe, and Middle East), and no subtitles are included.
Description (Japanese):
作品詳細関西アンダーグラウンドの創始者であり立役者であった故・林直人(2003年没)。彼が生前に全力を傾けて活動の拠点としていたバンドが「AUSCHWITZ」である。パンクやノイズ、異形の音楽を演奏する関西勢の中で、ストレートでシンプルな王道のロックを演奏したこのバンドは、まさに大阪の底辺を支えたバンドであった。アルケミーレコードに残した3枚のアルバム(現在は全て廃盤)、林の死の直前に録音されたライブやスタジオ音源など未発表音源CD、初公開となるライブ映像を収録したDVDを加えた、まさにコンプリートなボックスが登場!解説は盟友・JOJO広重、T.美川が執筆!
アウシュヴィッツ プロフィール1980年に林直人を中心に大阪で結成されたロックバンド。サイケデリック・ロックをベースにしながらも、野太いハードロック、歌を聞かせるバラード、シンプルなロックンロールを演奏し、王道のサウンドを聞かせるバンドとして評価が高かった。1993年に惜しまれて解散した後は、林はノイズユニット「abm」を立ち上げるも、喉頭癌で2003年に没。アルケミーレコードから2枚のアルバムと、林の死後にEPやオムニバス盤の音源を集めたCDがリリースされていたが現在は廃盤、復刻が待たれていた。
Tracklisting:
DISC 01 『DISTINY MOON』
DISC 02 『SONGS』
DISC 03 『RULL OF SPIRIT』
DISC 04 『NAOTO HAYASHI /LAST RECORDINGS』
DISC 05 (DVD) 『AUSCHWITZ /LIVE 1985 & 1991』

eShop Cart

0 items in cart.