The fin. - Pale Blue / Afterglow EP (Japanese 12″ Vinyl Limited Edition, 数量限定)

Country: Japan
Label: Hip Land Music
Released: 6 Sep 2017
Genre: Indie / chillwave / Shoegaze / Japanese-Indie / Dream-Pop
Order RDCA1050

Shipping Rate: E

Details:

* Japanese 12″ Vinyl Edition
* Plus two tracks exclusively on vinyl
* Download Code Included

Description (English):
Limited Vinyl release. includes 2 brand new songs plus 4 remix tracks.

Biography (English):
Formed in 2010 in Kobe, The fin. (the full stop is included in its name) consists of Uchino on vocals and synthesizer, Ryosuke Odagaki on guitar, Takayasu Taguchi on bass and Kaoru Nakazawa on drums. The band self-released 2,000 copies of its first EP, “Glowing Red on the Shore,” last year. Sales went well enough to convince the Hip Land Music label to give it a nationwide re-release in March.
The band sounds like a cross between M83 and Phoenix, citing chillwave acts Toro y Moi and Washed Out as influences. It’s an ethereal dance-pop sound that isn’t often heard in the domestic scene and that has earned them a yōgakuppoi (Western music-esque) descriptor in the Japanese press. This is interesting because The fin. is very much a word-of-mouth band and the domestic fanbase has shied away from Western music in recent years in favor of the more Japanese sound of idol groups. Now The fin. is set to perform at Saitama Super Arena for the Viva La Rock festival in May. — japantimes.co.jp

Tracklisting:
1. Pale Blue
2. Afterglow
3. Afterglow (FEWS Remix)
4. Afterglow (Anchorsong Remix)
5. Anchorless Ship (All We Are Remix) ※vinyl only
6. Heat (Ten Fé Remix) ※vinyl only



Also by The fin.

See also...


D.A.N. - S S W B (Japanese 12″ Limited Vinyl Edition)

* Japanese 12″ Limited Vinyl Edition
Description (Japanese):
ジャパニーズ・ミニマル・メロウを極める8分にも及ぶ大作『SSWB』に、
AOKI takamasaによる未発表リミックスを加えた渾身の12インチ・シングル・リリース!
昨年4月には1stアルバム『D.A.N.』を発表し東京インディ・シーンに鮮烈な印象を残したD.A.N.
2016年12月23日に満を持して発表された新曲”SSWB”が、アナログ12inch盤としてシングルカット。
危険なミッドナイト・ロマンスの予感に満ちたオリジナルは、バンド演奏のグルーヴとエンジニア陣の繊細な音作りが融合した、D.A.N.らしいクールな美意識を貫いたインディ・ダンス・ナンバー。タイトなビートと唸るベースにスチールパンの音色が幻想的に絡みつき、緩やかに宇宙へと誘われる至上の名曲です。さらにカップリングには日本を代表する電子音楽家、AOKI takamasaによるリミックスを収録。緻密なクリック・エディットを駆使したミニマルかつドープなエクスペリメンタル・ハウス・リミックスに仕上がっており、オリジナルとはまた一味違った芳醇なイメージの拡がりを与えています。レコーディング・エンジニアは、半野喜弘~Jazztronik~大橋トリオなどを手がける早乙女正雄。
ミックス・エンジニアはAOKI takamasaが担当しています。
Tracklisting:
SIDE A
1. SSWB
SIDE B
1. SSWB (AOKI Takamasa Remix)

Rega - Discuss (1st pressing Edition)

* 1st press digipack edition, with Japanese obi-strip.
* the latest Mini Album by Japanese Band Rega
Biography (English):
“rega” is a Japanese progressive jam band which consists of 4 members: guitarist Ryuji Ide, bassist Akinobu Aoki, drummer Takafumi Miyake and guitarist Akira Yotsumoto. They hail from Ehime, a south-western part of Japan, and they carry on their [...]

井手健介と母船 Kensuke Ide & His Mother Ship - 井手健介と母船 Kensuke Ide & His Mother Ship (Japanese CD Edition)

* Japanese CD Edition
Description (Japanese):
その歌声は、陽光差し込む水の中をたゆたうように溶けていく…。
いま最も作品発表が待望され、数多くのミュージシャンがその才能を賞賛してやまない、シンガーソングライター井手健介率いる「井手健介と母船」が、2015年を代表する作品として語られるであろう待望のファーストアルバムをリリース。参加ミュージシャンに、山本達久、石橋英子、須藤俊明、柴田聡子らを迎え、繊細にして温かな至福の歌世界がここに誕生。
数多くのミュージシャンや良心的リスナーから、今最も作品のリリースが待望される存在である「井手健介と母船」。ライブ会場限定でのデモ作のリリースや、東京を中心に、墓場戯太郎、山本達久、清岡秀哉のレギュラメンバーに加え、時に「ジュネーヴの4時」(a.k.a. 青葉市子)などを始めとした幅広いミュージシャンの参加を得ながらの各地での演奏活動を通して、じっくりとその支持者を増やしてきた彼らが、約1年の制作期間をかけ丁寧に紡ぎあげられたファーストアルバムをリリースする。
映画界に長く携わってきた井手健介ならではの映像喚起力に満ちた楽曲と、瑞々しい詩情とユーモアを湛えた歌詞世界、上記レギュラーメンバーに加え、石橋英子、須藤俊明、柴田聡子らをゲストに迎えた練達のバンドによる静謐でいながらも躍動的な演奏、そして何より井手健介自身による、陽光差し込む水の中をたゆたっていくような歌声…。それらが一つの滋味に満ちたゆらぎとなって、仄薫るサイケデリアとともに至上の歌世界をかたち作っていく。
かつて見た映画の中、スクリーンに現れた流麗な情景とモノローグが一体となった時ふと感じたような、少しの寂寥と甘美。そんな愛おしさを喚起してくれるこのデビューアルバムは、この先も永く語り継がれていく作品となるであろう。
Tracklisting:
1. 青い山賊
2. 帽子をさらった風
3. 幽霊の集会
4. 雨ばかりの街
5. ロシアの兵隊さん
6. 誰でもよかった
7. あの日に帰るよう
8. ふたりの海
9. 魔法がとけたら

eShop Cart

0 items in cart.