She Talks Silence - Noise & Novels

Country: Japan
Label: AWDR/LR2
Released: 29 Sep 2010
Genre: Rock / Indie-Rock / Shoegaze / Electronica / Lo-Fi Rock
Order DQC-571

Shipping Rate: A

Details:

* Japanese Jewel Case CD.

Description (English):
“Girls pure indie pop” on the debut album from She Talks Silence, drawing on the UK post-punk/neo-acoustic “D.I.Y pop” ethic to create an altogether new and highly contemporary sound. A bright new hope that should bring an end to the stagnant condition of Japan’s indie scene over the last decade, this is definitely an album not to be missed, and an artist to keep a close eye on.

Tracklisting:
1. Hear The Way, She Talks
2. Quiet Sun
3. Again & Again
4. She Is Not Going Back
5. Josef
6. Sorry For Laughing (But It’s Kinda Phoney)
7. Complexe Elegant
8. Our Strange Loops
9. Ghost Humming
10. Tales Of The New Age
11. I Know It’s Over

She Talks Silence – Again & Again (Live at Echo 2010/11/27)

She Talks Silence – Hear The Way, She Talks (Live at Echo 2010/11/27)



Also by She Talks Silence

See also...


Sokabe Keiichi 曽我部恵一 - Night Concert

* Japanese Gatefold Package
Bio (English):
Sokabe Keiichi is a singer-songwriter from Kagawaken, Japan. Now a solo artist he was previously lead singer and guitarist for Japanese 90s indie group 「サニーデイ・サービス」 ‘Sunny Day Service’. As well as releasing his own records, Sokabe runs Rose Records, a Japan based Independent record label.
Sokabe began Sunny Day Service whilst studying [...]

never young beach - fam fam (Japanese 1LP Gatefold Limited Edition, 限定盤)

* Japanese 1LP Gatefold Limited Edition
Descrition (Japanese):
今年もネバーヤングビーチの夏がやってくる
ネバーヤングビーチ1年ぶりとなる2nd Album『fam fam』(ファムファム)が遂に完成!
昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムを6月8日にリリースします。前作リリース以降、ライブでも定番となり音源化が待たれた「お別れの歌」「Motel」「Pink Jungle House」が遂に収録。またボーカル安部の心境の変化が垣間見える名曲「fam fam」「明るい未来」。映画のシリーズ3部作のような陽気で呑気でドラマチックな展開をみせる「なんもない日」「雨が降れば」「夢で逢えたら」。そして初のカバー作品として、ネバヤンがリスペクトする高田渡の代表曲でもある「自転車にのって」を収録した全9曲。極上のポップサウンドはそのままに前作以上にロックンロールし地に足つけて等身大の歌詞をうたった今作は、いまの日本の音楽シーンに一石を投じるような重要な作品に。いよいよ夏のイメージを超え、春夏秋冬いつ聴いてもどこで聴いても生活に寄り添うような気持ちのいい1枚。ひとりもいいけど家族や仲間と一緒に聴いてほしい最高な1枚。紛れもなく名盤です。
ジャケットデザインは、前作『YASHINOKI HOUSE』の全てのアートワークを手掛けた京都在住のイラストレーター”オオニシアキオ”氏がタイトルロゴを担当。レコーディングでは、エンジニアとして前作に続きYogee New Waves、ペトロールズ、踊ってばかりの国、髭などを手掛けるhmcの池田洋が、そしてテックサポートには、ギターに林宏敏(踊ってばかりの国)、ドラムに佐藤謙介(髭, ex.踊ってばかりの国)を迎え制作。
Tracklisting:
A1. Pink Jungle House
A2. Motel
A3. 自転車にのって
A4. fam fam
A5. なんもない日
B1. 雨が降れば
B2. 夢で逢えたら
B3. 明るい未来
B4. お別れの歌

Try Try Niiche - Flowering (Japanese Mini Album CD Edition)

* Japanese Mini Album CD Edition
Description (Japanese):
スペースシャワー主催オーディション「DayDreamBeliever -vol.4-」のグランプリを獲得し
スペースシャワー列伝ツアーのファイナル公演にも出演を果たしたTRY TRY NIICHEが
1st Mini Album「FLOWERING」をリリース!
活動開始直後から各所で話題を集め、参加したコンテストでは軒並み最終選考に進出、さらには活動開始後僅か半年でスペースシャワー主催オーディション「DayDreamBeliever」で見事、グランプリを獲得するなどその実力は高く評価されている。赤坂BLITZにて行われたスペースシャワー列伝JAPAN TOURファイナル公演ではOAを努めるなど着実にその名を拡め、定期的に開催している自主企画は毎回SOLD OUTするなど、既に早耳のリスナーの間ではネクストブレイクの筆頭として話題になっている。
今作では彼らの一番の武器である繊細なピアノとVoヲクヤマの声、それに相対し荒々しく響くエモーショナルなギターが疾走感のあるビートに絡む「新しいピアノロック」の形がまさに表現された1枚となっている。必聴のキラーチューン「水面の果て」「Cガール」、ライブでも定番の「ドラマチック」「花と銃声」に未公開の新曲「ソナチネ」「天気予報が外れた日」を加えたバラエティに富んだ全6曲を収録。
Tracklisting:
01. ソナチネ
02. 水面の果て
03. ドラマチック
04. Cガール
05. 天気予報が外れた日
06. 花と銃声

eShop Cart

0 items in cart.